目次 七

目次 七
自2012年3月至同年4月

284 『ガストン=フェビウス』展 クリューニー美術館
285 『エルナニ』(ヴェルディ)
286 黄色い首輪の猫さん
287 『毛糸を繰る少女』(グルーズ)
288 八重桜
289 『漆の夢』展 セルヌスキー美術館
290 結髪
291 『バヤデール』
292 プールの猫さんと林檎の花
293 一匹の猫が幸せになるには。
294 『聖アンヌ、レオナルド=ダ=ヴィンチの最後の傑作』ルーヴル美術館
295 ラテン区
296 優しい夢
297 織物と相馬焼
298 『蒙古、二つの時代の間、1912−1913』展アルベルト=カーン庭園
299 A小母さんと織物
300 『イギリス文学史』斎藤勇
301 抱っこ猫
302 抱っこ猫真心子ちゃん


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



目次 六

目次 六

自2012年1月至同年2月
260 ガルニエ劇場の大晦日
261 雪のフェビウス
262 猫の寝姿
263 雪のフェビウス(二)
264 『ドイツルネサンスの画家達』(土方定一)
265 子供と犬
266 トーユーを偲んで
267 トーユーを偲んで(二)
268 『サムライ』展
269 この頃の孫猫真心子
270 『美、心、官能、オスカー=ワイルドの英国』展
271 『アレクサンダー大王の王国 古代マセドニア』展
272 『マスネー歌曲』の夕べ
273 ロッテルダム交響楽団演奏会
274 南仏と歌劇 
275 『花のオランダ坂』
276 洋蘭
277 『晩鐘』ミレー
278 初雪
279 『能の世界』講演会
280 狂言の笑い
281 シャンゼリゼ劇場の猫
282 薩摩琵琶演奏会
283 如月の色
284 空の諧調
285 風に揺れて
286 水仙
287 ピアノのジョゼフィーヌ
288 『ポンペイ』展マイヨール美術館
289 『ドンパスクワーレ』ドニゼッティ


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村











目次 五

目次 五 2011年12月1日 12月31日

238 A小母さんと歌舞伎
239 帽子
240 『ジャコメッチとエトルリア』展
241 煙突の煙
242 煙突の煙(二)
243 『サンドリヨン(シンデレラ)』バレー
244 『フラ=アンジェリコと光の画家たち』
245 新装オルセー美術館
246 オルセー美術館
247 展覧会の手帳
248 挨拶 
249 巴里の空
250 『エフゲニー=オネーギン』(バレー)
251 この御顔
252 『八人の浮世絵師』展
253 綿入れ
254 『嵐が丘』エミリー=ブロンテ
255 聖誕祭と第三年代の馬達
256 聖誕祭の贈り物
257 樅の木
258 『法王庁殺人事件』塩野七生
259 『ブリューゲル』(土方定一)


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村







目次 四 (付 短歌 俳句 童謡)

目次 四 自2011年11月1日至11月30日

216 栗の実
217 ハローウィン
218 『セザンヌと巴里』展 リュクサンブルグ美術館
219 『愁歌』
220  聖セルナンの白い犬
221 『静寂の夜に』(『ランメルムーアのルチア』)
222 『朗読の時間』
223 四角い机
224 遠い山の中
225 薔薇一輪
226 ヴェルディ 運命の力
227 とろかし猫
228 『ロダン 三百の素描画展』
229 針仕事
230 父と彫刻
231 大人猫さん 日向のブブール
232 『古句を観る』 柴田宵曲
233 百人一首
234 『マチス セザンヌ ピカソ スタイン家の冒険展』 グラン=パレ
235 『エドヴァルと=ムンク 近代の眼展』 ポンピドー=センター
236 針箱
237 モーツアルト ピアノ協奏曲K488第二楽章 

短歌、俳句、童謡

鳥の群入り日を追ふて空高く野路の遥かに秋は去ぬめり
まなびやの銀杏並木を今もまた若きは歩まむ落葉踏みつつ
公孫樹(いちょう)舞ひ風に向かひて遠ざかる同行二人に響く鐘の音
マロニエの葉もなき梢に風船の一つかかりて薄墨の空
静かなる貝塚伊吹の垣の内我幼くて若き母あり
朝寒に二つ三つ見ゆる燈は夢さめやらぬ巴里の窓窓
ひき返て今朝は青空家々の白き壁にも笑まふ朝の陽
ふりそそぐ冬の初めの朝の陽に赤き実かがやき心愉しも
楡の樹の落葉散り敷く広場にて主の後より小走りの犬
冬あさみ空は朗らに冴ゆる青細くたなびく絹雲の端

焼き栗も声を出さず駅の陰
はぜ紅葉目印にして遠出かな
薔薇一輪その香りほどの安らかさ
一すじの暖炉の煙ほの白く
冬の窓とろかし猫の背の丸さ
シューマンを聴きつつ御針の冬隣り
初霜や病の友に朝電話
手習いの紙に猫寝る小春かな
桐一葉歌そらんずる夕まぐれ
冬の陽の河面に揺れて遅き船
ゆるやかな猫の寝息に冬の雨

『栗の実』

栗の実拾いに
行きましょう

何処へ

森の向こうの
木の下へ

おや、おや
一つも無いですね
栗鼠さん
先に来たのかな
大きな
猪さんかしら

いえ、いえ、
仲良し小人達
そっと隠して行きました
落葉の陰の
栗の実は
やはり取らずに
帰りましょう。


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村









目次 三 (付 短歌 俳句)

目次 三 自2011年10月1日至10月31日

192 『小さなおうち』の庭木
193 葡萄酒の話 (四) 暖炉
194 『窓辺のアッちゃん』
195 メントーサロン 酒蔵
196 応援
197 メントーサロン 『青春はうるわし』
198 ごめんなさい
199 トリュフ
200 あっちのおばあちゃん
201 『天上の青』曾野綾子
202 ぷ〜ちゃん 合掌
203 『猫だましい』 河合隼雄
204 ローラン=プチ讃 2011年10月11日
205 メントーサロン 葡萄園
206 メントーサロン 城
207 林檎と鳩のシモン
208 『愛の調べ』映画
209 『子供と猫』ピエール=ボナール
210 母と映画
211 小さな骨董街
212 ワーグナー『タンホイザー』
213 ベートーヴェン ピアノソナタ17番作品31の2『嵐』
214 『雨の日の猫はとことん眠い』加藤由子
215 『亜子ちゃん』

短歌 俳句

きれぎれの思出のごと青空を白き雲行く秋ソーローニュ
亜子ちゃんと呼び慣れし日々去りゆけど耳に残りぬその小さき声
森陰を過ぎ行くままに目に残る白くすがしき花の一叢
夕日影雲染め分ける野辺に立ち心に浮かぶ遠き山々
朝なさな咲き継ぐ青き朝顔の薄き花弁に風の一吹き
それながら昔にあらぬ葡萄園吹き渡りくる白き秋風
今宵また寒さましゆく秋の風如何にきくらむ白き雌猫
秋麗(うらら)この空の果ての何処より逝きて帰らぬ鳩の羽ばたき
秋の月丸く大きく登りけりうす紫にけぶる野の末
我が宿の桜紅葉もちりぬらむセーヌ河畔に風渡る朝
夕茜うす雲の陰に星一つ瞬くまなく消えしはかなさ
哀しみは哀しみのままに凝りゆきて夢消えがたの東雲の風

秋の蝶かげくきやかに草の原
半月や白さ増しゆく中空に
鶸啼くやちぎれちぎれの朝の雲
栞せし本取りいだして秋燈(ともし)
蔦紅葉去年(こぞ)にかわらぬ不可思議さ
さみどりの葡萄幼きピアノの音(ね)
海からの風に乱るる萩の原
秋たけて勾玉の月ただ白く
一葉の落ちて振り向く童女かな


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村






Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien