薔薇のポプリ

休暇の初めに戻って来た時には、もう駄目かと、悲しくも申し訳なく思った薔薇の木に花が咲き出した。三本ある内の一本。曙色に淡い黄色が入っている。弱っていた葉を取り除き、かなり剪定した。薔薇特有のえび茶色の、よく見なければ気付かない程の芽が、枝から顔を出した。みるみる膨らんで、葉を広げ、茎を伸ばし、その先に蕾をつけた。柔らかい葉が、緑となる頃には、蕾にも花の色が現れた。そして、二,三日おきの晴天と嵐の内に、一輪、また一輪と咲いた。朝露に濡れた花は、いつみても美しい。まだ、葉も少なく、不格好だけれど生きていてくれて嬉しい。もう一本の白薔薇も、最近やっと、二、三本細い葉が伸びて来た。一番小さな鴇色も、濃い緑の葉が、茂っている。
薔薇を見る度に、何となく口ずさむ詩歌が、ある。
「薔薇の木に薔薇の花咲く、何ごとの不思議なけれど」(北原白秋)
「薔薇に故なし、唯、咲きぬ。
己(おの)が身思わず、見る目求めず」(アンゲラス=シレジウス、拙訳)
花が開き切る頃、新聞紙に花弁を広げて乾かす。ポプリを作るため。本当は、八分咲きくらい方がいいらしいのだが、つい綺麗で勿体ないので。唯干して、万年臘や月桂樹と一緒に、硝子の空き瓶に詰めておく。かなりいい加減。それでも、毎年少しずつ溜まって行く。
ある年、日本に帰省したさい、少し年上の友人から、手作りのお土産を戴いた。「お部屋の飾りにーーー」と。花柄の布にレースをかぶせて作った小さなバレーシューズ。中に、ポプリが詰めてある。姉のいない私には、たまらなく嬉しかった。丁度実家に、問題山積みの時期でもあったから。このポプリもいつか、彼女に渡す事を楽しみにしている。
それにしても、干した後、庭の薔薇の色が綺麗に保てるといいのだけれどーーー。ほとんど褐色になってしまう。特に白薔薇は、香りがよい分、変化も激しい。
今度、濃い紅の薔薇を一本、植えてみようか。

露ふふむ曙色の薔薇一輪咲くを待たずに消えし明星







東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


紫馬肥やし

細い茎の先の紫の花に、白い蝶が、こまかく羽を震わせてとまっていた。紋白蝶だろうか。やや薄い黒い丸が一つ羽の真ん中に。縁にも少し同じ色が付いている。二匹、三匹。少し離れて、橙と黒の複雑な模様の蝶も。
よく晴れた晩夏の昼下がり、空は、絵の具の青のように明るいが、陽射しは穏やか。数日前から膨らみ始めている薔薇の蕾をみようと、前庭に出た。蝶達が、無言に舞っている花は、高さ二尺、周囲一抱えほどの大きな茂み。しなやかに強い茎が地面から出て、小さな楕円形の緑の葉が、びっしり付く。先端に、小粒の紫の花がかたまって咲く。豆科らしい蝶型花。萩にも似ているが、明らかに草で、全体に絡まりあって、野性的。植えたわけではない。いつの間にか生えていた。この静かな紫は、一番好きな色なのだけれど、余りの繁殖力に、刈り取ろうと思った事もしばしば。園芸にも詳しい『村の発明家』L氏の、「綺麗な花ですね」という言葉に、辞めてそのまま増えるままにしておいた。
今年は、五月六月が旱魃。休みの初めに来た折りには、かなり枯れかかっていたが、逞しいのだろう。数度の雨で、緑をふき返した。
薔薇の方にまで、伸びて来たので、そろそろ剪定しないと、と思いつつ、例の調子で遅れている。
名前を確かめてみようと、ネットを開いた。L氏が,牧場でよく見かけると言っていたので、なんとなく馬肥やしの一種では、ないかしらと。
紫馬肥やし、別名アルファルファ。あの野菜売り場で売っているーーー?
栄養価が高いらしい。それで、蝶達がこぞって来ているのだろうか。残念ながら、田舎の家の庭には、草花が少ない。以前は、立葵、マリーゴールド、ゼラニウム等も作っていたのだけれど、庭仕事に大切な時期に、余り来なくなってから、丈夫な多年草や灌木しか残っていない。蝶々や蜂に、申し訳なく思っていた。馬肥やし、大切にしよう。
再び庭に出た。今度は、葉陰に、五ミリほどの半透明の蝸牛の赤ちゃんを見つけた。

魂の 戻りきたるや 白き蝶

巴里の友人から電話がかかって来た。街中の公園でも蝶を見かけたらしい。「今年は、虫が沢山戻って来たような気がする。」と。それなら、嬉しい。







東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


空蝉

『きりぎりすなくや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む』(百人一首後京極摂政藤原良経)。彼は、最愛の兄を失い、最初の妻に先立たれ、父には逆縁となって、三十八歳で、急死した。当時のきりぎりすは、今の蟋蟀だそうである。
そういえば、私は、蟋蟀の鳴き声を、それと知って聞いた事があるのだろうか?田舎の家のあるソーローニュには、蟋蟀はいないと聞いた。
京都の知人が、蟋蟀を飼っている。そろそろ夏も終わり、命の果て際の虫の姿を崇高と書いて来た。
先日読み終えた『安楽病棟』では、鈴虫がないている。唱歌のとおり、美しい声だそうである。最近の作家の作品は余り読まないほうなので,帚木蓬生は、数少ない例外の一人。森鷗外や加賀乙彦と同じ、医学畑だからかもしれない。とくにこの作品は,鷗外が『高瀬舟』で、取り上げた安楽死を、状況こそ違え、主題に据えている。高齢者の問題としても、M氏は八十二歳。近年立て続けに、親戚友人隣人と、彼の同年輩の人々を見送った。
しかし、高齢者に限らず、若さ故に進行の早い業病で末期を迎えた病者に取り、家族や医療関係者の対応がどれほど重要であるか、ブログを観ていてもひしひしと伝わってくる。避けがたい死を前にし、心身共に苦痛に苛まれる、早く産んでいれば、私には子供に等しい年齢で旅立つ命。最後の夏の蝉が「よく頑張ったね、よく頑張ったね、」と聞こえるか、「死ね、死ね」と響くかは、周りの人々の優しさにも、依るるのだろう。
そして、私自身も、いざとなった時、ふさわしい暖かい態度をとり、保ち続けられるか、どうか。『風車小屋便り』の副県知事氏には、昼寝をさそう長閑な蝉の声が、これからは無心に聞く事ができなくなるような気がする。
実は、ソーローニュには、蝉も生息しない。幻の蝉なのだけれどーーー。

空蝉や 昧爽の風 ひと吹きに







東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">



庭の虫達

何故だろう。先週末の暑さの前、庭で虫が鳴いていた。ジージーと低く静かな声。少し休んでは、またジージー。規則正しく単調な響きで、気持ちが落ちついた。過ごしやすかったので、夕方は庭仕事をした。雑草を抜いていると、何か飛び出た。一寸もない虫。蝗に似ている。枯れ草と同じ色。どうも、声の主らしい。また、一匹。腕に跳ね乗った。あっ、また一匹。壁に止まっている。毎年、夏は田舎に滞在しているが、こんなことは初めて。声は聞いていたが、姿をみた事はなかった。鳴き声も、今年程,繁くはなかったような気がする。
図鑑を開いた。キリギリスの一種らしい。草きりぎりすだろうか?
それが、急に暑くなって、消えてしまった。再び涼しくなったので、戻ってくるかと待っているのだが、今の所、聞こえて来ない。何だか、淋しい。
庭には、蝶々も舞えば、蜂も来る。蟻は巣を作るし、蝸牛も見かける。てんとう虫は、好きなのだけれど、あまりいない。そのかわり、通称『憲兵、ジャンダルム』というてんとう虫に似た虫が、至る所に夥しく集まっている。平たく赤く、黒い模様が入っている。日向が好きなようだが、草の陰や石の間にも、繁殖している。この虫のいない田舎の庭は想像できない。土を掘り返せば、蚯蚓が出てくる。子供の頃は、悲鳴をあげた。併し蚯蚓は土を作ってくれると知り、毛嫌いするのはやめることにした。(撫でたいとは、全く思わないけれどーーー。)苦手だった蛞蝓も、あるブログ主さんが、大事に逃がしていると読み、見る目を変えた。
『虫愛づる御姫様』ではないから、特別関心があるわけではないが、嫌いでも恐くもない。田舎の家は、古いうえ、暫く締め切っておくので、夏に戻ってくると、蜘蛛がかなり巣を張っている。その度に、M氏は、私を呼び立てる。昔風にいえば六尺近い恰幅だが、虫に触われない。「殺さないように、注意して、逃がして下さい」。大人の手程の蜘蛛なら、躊躇するかもしれないけれど、大抵細くて小さい。蜘蛛は幸福の前兆と何かに書いてあった。衣通姫の歌もある。『吾が背子が来べき夕なりささがねに蜘蛛の行ひ今宵著しも』。
夜、二階の寝室で本でも読んでいると、枕元の灯りめざしてか、小さな蛾が入ってきた。網戸の目が粗いからだろう。黒白猫亜子ちゃんが、せわしなく尾をふりだすと、必ず何処かにとまっていた。普段おっとりしていた亜子ちゃんが、此の時だけは興奮して跳ね回った。
そういえば、今年は、不思議と蛾が来ない。亜子ちゃんの月命日で、夏も終わる。

『紙切り細工』

ちょきちょき
ちょきちょき
ダンボール
右に左に
廻しては
可愛いあの子は
作っていたの
ハエトリ蜘蛛は、
二等兵
三輪の神様
白蛇よ

蜘蛛と蛇とは
旅立った
可愛いあの子の
供をして
煙となって空の上
遠く
痛みのない国へ







東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


目次 一

目次 (自2010年8月20日 至2011年8月26日)

1  山羊のチーズ
2  鏡の中の亜子ちゃん
3  『モーヌの大将』
4  ソーローニュの『赤毛のアン』
5  パンと革命
6  黒猫トーユー
7  『モーヌの大将』その二
8  聖マルタン教会
9  『びわの実学校』
10 亜子ちゃんと新聞
11 クララ=ハスキル
12 ソーローニュの小さな電車
13 ポーツマス=オビニー公爵夫人
14 村の発明家
15 遠い母の国
16 亜子ちゃん 十七歳
17 稲垣仲静『猫』
18 水車の話(一)
19 号外
20 水車の話(二)
21 イカール
22 『井戸池』と『猫さん』
23 『チボー家の人々』
24 フランソワーズとマルガリータ
25 オレンジ泥棒
26 『美しき女庭師の暦』ユージェーヌ=グランデ
27 キルトを穿いた公証人
28 白い茸
29 美しい城
30 もぐら『浜田広介童話集』
31 富者と貧者ラザロ
32 モーリス親方とフィフィ
33 フリッツ=ヴンダリッヒ
34 菩提樹荘
35 プッチーニ『三面扉絵』
36 大人猫さん その一 ブブール
37 野菊の袱紗
38 川辺の音楽の夕べ
39 染め物
40 大人猫さん その二 フェビウス
41 さふらん
42 『シューマンを聴きながら』

43 幻

44 ヴェネチア=バロック
45 石畳の坂道
46 オルガン

47 巴里 夢のはざまに

48 『フランス 1500年展』 グラン=パレ
49 『クロード=モネ 1840—1926』展、雪と氷
50 『送り人』追想
51 『薩摩焼四百年』展
52 毛糸の肩掛け
53 舞台との『出会い』
54 魂の猫
55 『(擬)カッチーニのアヴェ=マリア』
56 蠟燭
57 『朝びらき丸東の海へ』
58 渦巻き菓子とマルセイユ
59 熊ちゃんと犬と
60 黒猫トーユー(二)
61 『白鳥の湖』と『野の白鳥』
62 野うさぎ
63 『第三世代の馬(老馬)』
64 『白痴』など
65 合掌
66 アンドレ=シトロエン公園
67 中世ルネッサンスの音楽
68 人形たち
69 『クロード=モネ 1840=1926』展、終了
70 マーラー『さすらう若人の歌』
71 靴直し
77 『大野初子芸術人形』展
78 ヘンデル『ジュリオ=チェーザレ』
79 万年筆と猫の夢
80 プッチーニ『蝶々夫人』
81 『メディチ家の至宝』展
82 侘助椿
83 クロッカス
84 雛人形
85 花屋の犬
86 ワーグナー『ジークフリート』
87 杜の都と滝桜
88 アルベルト=カーン庭園『日本のクリッシェ』展
89 シューベルト『ノットウルノ D897』
90  公園のカロリーヌ
91  『コッペリア』(パトリス=バール)
92  老猫ミュッセ その一 詩人達の庭
93  号外 
94  老猫ミュッセ その二 菩提樹荘
95  号外 2
96  『ウンベルトD』
97  Extra.
98  巴里の街角の犬達
99  号外 3
100 思い出の迷い犬達 (一)
101 思い出の迷い犬達 (二)
102 号外 4
103 思い出の迷い犬達 (三)
104 老猫ミュッセ (三) 天使猫
105 号外 5
106 『ベルナルダの家』(マッツ=エック)
107 『ロメオとジュリエット』
108 号外 6
109 プールの猫さん
110 まぼろしの馬(一)
111 号外 7
112 まぼろしの馬 (二)
113 号外 8
114 『自然と理想 ローマの風景 1600−1650』展 蛙
115 薩摩館演奏会
116 号外 9
117 ヴェルディ『オテロ』
118 グリブーユとカネル
119 プッチーニ『トスカ』
120 紫陽花
121 モーツアルト『女はみんな、こうしたもの』
122 号外 10
123 雛罌粟
124 ジェームズ=エリオット『生きとし生けるもの』
125 古い写真から(一)
126 古い写真から(一の二)
127 モーツアルト『ピアノ協奏曲ハ長調 21番 K467』ディヌ=リパッティ
128 七夕
129 プルースト『失われた時を求めて』
130 号外 11
131 古い写真から(二)
132 雀 鵯 目白
133 椋鳥 夜鷹 鵲など
134 月見草と花火
135 『トンボソのおひめさま』
136 号外 12
137 古い写真から (二の二)
138 巴里まで 電車
139 珈琲館『邪宗門』
140 グラン=トリアノN
141 号外 13
142 古い写真から (三の一)
143 感謝と希望
144 庭の猫さん達
145 『美術館の誕生』展
146 古い写真から (三の二)
147 庭の薬草 (万年臘 立麝香草)
148 庭の薬草 (浅葱 セージ)
149 ジャックマール=アンドレ美術館『カイユボット兄弟』展
150 フェルメールの黄色
151 号外 14
152 日傘
153 『プロヴァンスの空と陸』
154 オルガンとフルート
155 幼馴染み
156 庭の猫さん達(その二)
157 庭の猫さん達(その三)
158 ソーローニュの飛行場
159 べルギー牧羊犬審査会(その一)
160 ベルギー牧羊犬審査会(その二)
161 号外 15
162 庭の虫達






Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien