『ローランス画伯の肖像』(鹿子木猛郎)


(承前 ジャン=ポール=ローランス)
「森鴎外の歴史小説」と書いて、ふと思い出した。鷗外が独逸に留学していた頃、画学生達も西欧に渡航し学んでいた。鷗外自身、『靴屋の親父』で印象的な原田直次郎等と親しく交際していた。
誰かジャン=ポール=ローランスを知っている当時の日本人画家はいないだろうか?M氏の蔵書の本棚を開ける。小学館図説日本史大系。残念ながら全巻揃っていないが、氏の専門に関係する明治時代は、ある。
大きく厚くしっかりした作りで、色刷り黒白の写真や図版が多くその説明が丁寧なことは勿論、本文も読みでがある。全体に一昔前の出版物の持っていた落着いた香気が感じられる。
さて、ジャン=ポール=ローランス。中村不折や鹿子木孟郎等が、師事していたとある。 鹿子木描く『ローランス画伯の肖像』。やや狷介な表情が、ローランス自画像とよく似ている。また、画家の肖像でありながら、画室の中ではなく、肘掛け椅子で読書に耽る姿が、博覧強記教養豊かだった師の面影を伝えている。ゆったりと組んだ足下に一匹、やや大きめの犬が踞って寝ている。その犬が何となく気難しそうな主人に似ているようで、微笑ましい。
中村不折の『建国そう業』の絵は、歴史画を得意としたローランスの影響らしい。そういえば彼は、 鷗外自身の指名でその墓碑銘を書くほど親しかった。
『従兄弟ゴートレ』の御陰で、思いがけず官学派の教えを受けた我が国明治時代の洋画家の作品を見る事となった。
これまであまり関心の無かった事が、恥ずかしい。
印象派に押され本国仏蘭西でも、顧みられる事が少ない官学派だが、正確で美しい線や形の静かな魅力、その主題に喚起される歴史背景や文学など、なかなか興味深いものがあるようだ。

雨はれて樅の梢のその先にに百舌啼く朝(あした)休みの終わり


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


「小さな動物」

彼岸も過ぎ、日の暮れが早くなった。二階で、孫猫真心子を側に机に向かっていても、いつの間にか外は暗くなっている。そろそろ戸締まりをしなければ、と思いつつ再び本に眼を戻してしまった。
携帯電話が鳴った.階下のM氏である。丁度興が乗って来ていたところなので、ちょっと不機嫌な声になる。多分、催促だろう。
「小さな動物が来ていました。針鼠です。」
「すぐ降ります」
途端に、上機嫌となる。
いつごろからか、朝になると、庭の隅に置いてあるゴミ袋の下の方が破れて、中身が散乱しているようになった。
「夜行性ですね。」
「塀で囲ってあるから、犬はありえないし」
「猫でしょうか。」
「しかし、今年は殆ど猫を庭にみかけませんでしたよ。」
「狐というのもーーー」
「もぐら。」
「八十四年生きていますが、もぐらを見た事はありません。」と、M氏。
「針ねずみかもしれませんよ。」
「ウーディみたいにーーー。」
もう十数年まえ、真昼間に道端でぼんやりしている針鼠を拾った。暫く庭に置いておいて、菜園の害虫除けになるから欲しいという知人にあげた。「ウーディー」と名付けた小さな瞳の、全く慣れないのに可愛い動物の事は、以前書いた事がある。
階段の下でM氏が待っていた。台所の鎧戸を閉めようとして外を見たら、二段ある石段の側にいたという。
勿論、もういなかった。ゴミ袋を置いてある貝塚伊吹の陰にでも入ってしまったのだろうか?
「私達が巴里に帰っても、食べ物が見つかるといいのですがーーー。」
月明かりもほとんどない薄暗い庭を私達は暫く眺めていた。落葉の積もったこの庭のどこかに、悪戯好きで疑い深そうな小さな丸い眼の不思議な動物が生きている、それを思うだけでも、心が温まった。

時雨めく音に目覚める猫の伸び


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien