プリムラ

立春の後も、相変らず氷雨の続く毎日。薄暗い空、湿っぽい風に、ややもすると気持ちも沈みがちになってしまう。
せめてレースのカーテンを真っ白にしたら、少ない陽射しも明るく感じられるかと、また降り出した小雨の中、洗濯屋にいった。
その途上の道端に雑多な品が、無造作に積んであった。机や椅子、バケツに混じって緑のプラスチック製の容器には、花盛りのプリムラが四株程.濃いピンク、赤、黄色、紅に象牙色の斑入り。 陰鬱な午後の住宅街、そこだけ、鮮やかな色に華やいでいる。蕾も、たくさん付けている。
引っ越しだろうか、それとも不要品整理だろうか。
思わず立ち止まって眺めていたところ、人夫らしい人が、板きれを抱えて建物から出て来た。花を指差すと、何もいわないうちに「持っていけ。持っていけ。」
随分前になる。郊外の友人宅で御茶をするというので、手伝いに行った。主な客は、彼女の先輩にあたる初老の女性。若い時からの付き合いの二人には、その数年前、五十を過ぎてまもなく自殺した共通の友人がいた。日本女性だった。女主には、姉のような、客には同じ屋根で暮らした妹のような親友だった。
悲劇に終った友情を偲んでか、亡き人の祥月命日のある早春の午後を一緒にすごすことになっていた。巴里からかなり離れた村に住む客は、やってくるなり、プリムラの花束をさしだした。にこにこ笑っている。
「森の中で見つけたの。これが咲くと春の訪れね」
男勝りにも見える彼女の丸い手に握られた花束。何色だったかも覚えていないが、花屋でみかける花に劣らず、美しく愛らしかったように覚えている。
ちょうど、今頃だったはずだ。今年も、森陰に野生のプリムラがさいているのだろうか。
貰って来たプリムラは、勿論園芸種。浴室の窓際に置いた。
夜になって、また突風が吹きあれ、雨音も聞こえて来た。しかし、家の中に、明るい色の花があるというだけで、何やら朗らかな気持ちになる。
花を飾ればすぐに横に並んで澄ましていた天使猫亜子ちゃんと違い、孫猫真心子は全く関心ないらしい。

森陰に春の陽射しを待つ小鳥野辺の兎も眠れる栗鼠も


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



『大原新雪』向井潤吉

メールが普及してから、戸口まで郵便物を運んでくれる管理人さんの足音が遠ざかっても、急いで扉を開けてみる事をしなくなった。おおかた、宣伝や公共料金の通知だから。
それが、今朝は、一枚の絵葉書。向井潤吉『大原新雪』。大原は、老母(と呼んでももう怒られないだろう。84歳になった。)が入っている寮から、それほど遠くない。元気な頃の母を知っている送り主の心遣いだろう。
1981年。画伯80歳の作品。『民家の画家』の名の通り、藁葺き屋根の一軒家。純白の雪が、周囲の野辺や畑にも、斑に積もっている。それほど深くはないらしい。雪の後の青空に白い雲、冬枯れの木立の茶色、意外と多い雑草の緑。灌木らしい茂みに、赤く見えるのは、花だろうか、実だろうか。
当時私も、まだ洛北にいたから、この同じ雪を見たのかもしれない。
印刷となると色調や光沢が微妙に変わってしまうのは常の事。実物とは、いささか異なっているのだろう。それにしても、絵葉書の画面は、不思議な華やぎに満ちている。静かで明るい。 透き通った凛冽の気が、伝わって来るようだ。
向井潤吉は、亡父の好きな画家だった。地味で堅実で丁寧な仕事ぶりに惹かれていたのは、自身の科学系の研究者としての姿勢に通うものがあったからかもしれない。
この一枚の絵葉書は、暫く栞代わりに読みかけの本に挟んでおこう。

薄雲に隠れし冬の昼の月





東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


おねんね

マミーちゃん、お仕事もうやめて
真心子(まここ)と、おねんねしましょうよ。
時計の針が重なって
もうじき真夜中、十二時よ。

真心子は、今日もいい子して、
お留守番をしてました
ごはんも、沢山食べました。

明日は土曜日、マミーちゃんも、
真心子と一緒にあそびましょう。

紙球サッカー、しましょうか。
バレーボールもできるのよ。
得意は、空中キャッチです。

だから、早く寝ましょうね。


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


日曜日のギメ美術館

仏蘭西では、月の第一日曜日に、国立美術館常設展が無料となる。私は、大体クリューニー美術館かギメ美術館に行く事にしている。
ギメ東洋美術館は、セーヌ河からシャンゼリゼやトロカデロに向かう斜面の中腹、大小七本の道の集まるイエナ広場に面している。辺りは、重厚な石造りの建物の並ぶ住宅街、近くにはガリレア衣装美術館や独逸ゲーテ会館もあり、知的で落着いた一角。広場を横切る大通りの並木は、冬枯れの今も、青葉の茂る春から夏にかけても、落葉の散り敷く秋も、四季を通じて風情を添えて居る。
階段を上がって入る美術館の中も、一部吹き抜けとなっており、明るく広々している。蒐集品は、中東から印度、東南アジア、中国、極東韓国、日本まで。そのためか、日本人観光客はあまり見掛けないが、巴里に住む者にとっては、故国の美術に触れ、心和む一時を過ごす事の出来る貴重な場所の一つ。また、日本にいては意外と眼にする機会の少なかった隣国韓国や中国の美術品も、常時体系的に展示されていて、興味深い。収蔵品が膨大で、常設展でも展示換えが多いのも魅力の一つである。
今回は、まず二階円形室の「浮世絵の色」展へ。役者の舞台姿や風俗画など。色刷りもあれば、白黒もある。例によって着物の細やかで斬新な意匠に感心し、仕草の優美さに我が身を反省しーーー。熱心に写生している若者もいた。猫もいた。『猫と戯れる女図』長陽堂安知。墨刷絵大大半。1711−1716。鉄線らしい模様の着物をまとった立ち姿の美女が持つ紐を首につけられた黒白仔猫は、全く戯れたくなさそうに正面を見ている。
そのまま日本美術部に入る。大きな三十六歌仙絵。紙本彩色。17−18世紀とある。折り畳み冊子のようになっている。蝉丸太夫、敦忠、など馴染みの名前だ。斎宮女御は、やはり几帳に半身隠している。和泉式部は、「花の色はーーー」。
実は、三十六歌仙絵の抹茶茶碗を持って居る。歌留多のように絵札や字札に歌が書いてある。それが重なりあっているので全部は見えないが、斎宮女御は、前に出ている。几帳に隠れて黒髪だけの後ろ姿だけれど。お正月やお雛様の頃に使うことが多い。
静かな早春の日曜日、今日は、久しぶりに出してみようか。

雲間より春の陽射しのおずおずと差しそむ人無き角のバス停


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



プールの猫さん達 立春間近

立春も間近いというのに、この冬は、まだ雪が降らない。環境問題としていいのか、わからないが、プールの猫さん達には幸いしている。昨冬は、「転ばないように、転ばないように」と、唱えながら辿り着いたプール脇の無人の官舎。その庭に、母娘猫達はえさを食べに来る。官舎の裏手に広がる競馬場も公園も真っ白。そこから続いてきて、塀沿いに刻まれた深さ五センチほどの穴の列には驚いた。小さな猫達は、飛び跳ねるように脚を引き上げ引き上げ、来ていたのだろうか。
今日は、早朝の大嵐の後、青空が広がった。まだ弱々しく静かな陽射し。湿り気の残る空気の中に、柔らかく優しい気配が感じられる。
プールへの並木のマロニエの芽は、ごく僅かだが膨らんでいるようだ。
猫さんたちに、会えるだろうか。最近は、会えない事の方が、多い。これは、いい事なのだ。誰かが先に餌をあげていてくれるから。
プールの係員さんか、泳ぎに来る人か。誰かが、小さな猫さんたちのことを気にかけていてくれる。嬉しい。
今日も、残っている餌の横に、持って行った餌を足す。このまま帰ってもいいのだけれど、ちょっと寂しい。
「ププネット、ププネット」と、呼びながら三棟続きの官舎の裏の方に廻る。
近年整備された公園の一角。官舎の裏手の一段低い所は、プールの日光浴場となっている。硝子戸越しに小さく、プールで泳いでいる人達も見える。反対側には、競馬場の芝生が広がっている。事務所などもある。
猫達の隠れるような場所が何処だろうか。
プールの機械室らしい建物沿いに角を廻った。古いベンチや庭仕事の道具が置いてある。破れた帚も捨ててある。
さらに進む。と、突然、見覚えのあるコンクリートの小径と金属製の枝折り戸が、眼に入った。林檎の木が枝を広げている。
猫さんたちが餌を食べる庭に、裏側から入っていたのだ。そういえば、プルーストの「見いだされた時」に、反対方向だと思っていたスワン家の方とゲルマントの方へ続く道が、実は、合流していたという場面があった。
狐につままれたような思いで、枝折り戸を開けて、外に出る。すると生け垣の影に、白黒の塊が動くのが見えた。娘猫だった。

雨上がり色濃くみゆる紫の草の花咲く如月の庭


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村




Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien