水仙

花にも流行や、客の好みの変化があるのだろうか?
最近は、切り花こそ見掛けないが、鉢植えでは、一重の水仙も花屋の店先にならぶようになった。
今日の漉き返しの反故には、二千年一月の日付が入っていた。
『水仙

巴里郊外の友人宅に招待された。硝子張りの温室風の客間に通され、思わすたちどまった。卓上に三株の水仙、花弁は一重で副花冠は八重だ。
子供の頃、数年続けて冬休みを、南伊豆で過ごした。特に、下田には定宿があり、毎朝、父母と通った市内の珈琲館の大正時代風の装飾や、煙草の煙に混じった珈琲の香まで、覚えている。
ある年、爪木崎の水仙の群生を見に行った。黒潮の流れる青い海に突き出た岬、明るい陽射しを浴びて、一面に咲き満ちる幾種類もの花々、風も芳香に染まっていたーーーような気がする。というのは、あまりに晴れやかで、美しい思い出なので、現実だったのが、不思議なくらいだから。当時両親は、すでに不仲になっていた。水仙の花畑は、私にとり子供時代最後の仮の幸福の幻となったわけだ。
反対に下田城でみた唐人お吉の人形展は、よくわからないながら、何か理不尽な暗く哀れなものを感じた。後に、自分が外国人と結ばれ、異国で暮らそうとは夢にもおもわなかった。
仏蘭西では、華やかな黄色の喇叭水仙のほうが、どうも人気があるらしく、水仙、特に花弁も副花冠も一重の私の一番好きな品種は、花屋でも余り見掛けない。
しかし、何年こちらに住んでも、何処か静かで寂しく、それでいて野に咲けば、あれほど朗らかで力強い水仙の花が、大好きだ。
紅茶を運んで来た友人は、何時までも水仙に見惚れている私を、面白そうに眺めている。』

潮騒も水仙の香に夢のうち


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村





Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien