雉猫カリーナ(二)

旧水族館の復興工事が始まり、猫たちは、柵に囲まれた安全地帯から、美術館沿いの芝生へと移らざるを得なくなった。幸い近くに勤めるG夫人が、率先してなかなか立派な木製の箱を沢山作らせてくれた。 カリーナは、いつも一番居心地のいい箱で寝ていた。 どちらかといえばお寝坊さんで、昼に行っても姿が見えず心配していると、ゆっくり伸びをして出て来る事もあった。 雪の日、そうっと蓋を開けて、毛布や羽布団に埋まった小さな猫の寝顔をみるとほっとした。
温かな陽射しを浴びて、膝の上で「小さなパン屋さん」をするカリーナ。腕の中に抱え込まれて、傘に入って一緒に雨脚を見ていたカリーナ。帰り際には、おいかけてきてじっと見送ってくれたカリーナ。家猫になるべく生まれて来たとしか思えないほどなつっこいカリーナ。H夫人を初め、皆に可愛がられていた小さなカリーナ。
いつまでたっても小柄で敏捷だから、若く見られた。
「いくつですか?」
「十七歳かしら」
よその人は、誰も、信じなかった。私も実感がわかなかった。
しかし、トロカデロの古参の猫達が段々減って来た時、カリーナを見掛けないと不安になった。ある日突然消えてしまったら、誰もしらない所で,苦しんで死んでしまったらーーー。
寒い夜が続いた。亜子ちゃんと寝ていても、ふと箱の中で丸くなって寝ているカリーナをおもいだした。ある冬の夕暮れ、持って行った籠にカリーナは、あっけない程簡単に、自分から入った。

紅の椿備前の花入れに挿しわずらひて午後静か

にゃんわんプロジェクトへ


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien