お雛様

そろそろお雛様を仕舞わなければいけない。
二月末から、南仏のパン捏ね器を模した古い家具の上に飾ってある。早く飾って、早く片付けないとお嫁に行き遅れるというけれど。私は、もう関係ない。孫猫真心子ちゃんも、実は孫娘もいる祖母猫。このまま旧の節句にしてもいいようなものだが、桜便りも聴こえて来た。
私のお雛様は、小さい。五段飾り。元は硝子の箱に入っていた。半世紀程まえの所謂団地サイズ。お人形さんは、ぷっくら豊頰で目尻も下がり気味。童顔だ。子供の頃は他所でみる面長、切れ長な瞳、お垂髪の美人のお雛様が羨ましかったが、いまでは、この機嫌のいい顔をしたおかっぱ頭のお雛様達が大好きだ。
私が生まれた頃、両親は公務員住宅に住んでいた。地方の大学教員だから、収入もかぎられていた。俗事には恬淡としていた父と、裕福だが無趣味な実家に批判的だった母との生活は、質素でつましいものだったらしい。お雛様は、当時の余香である。その後、暮らしは派手になっていったけれど、あの三部屋しかない、狭い庭に栴檀の大木が茂っていた古い木造平屋の静かな懐かしさは、消えてしまった。
三月初めに遊びにきた知人が、お雛様を見て、歓声をあげた。「実家に置いてある私のお雛様とそっくり。」と。同年輩だからだろうか。「見れば見る程似ているわ。同じお店のかしら?」その一言で、まだそれほど深く知らない彼女が親しく思われた。
さて、お雛様を仕舞おうと、あらためて見て仰天した。仕丁の一人の頭がない。首からころりと落ちてなくなってしまっている。そういえば、先ほど、真心子が何か転がして飛び跳ねている音がしていた。歴代猫で、こんな事をした者はいない。
「真心子ちゃん、何処にやってしまったの?」
例のお腹をだして仰向けに寝ている。
部屋の隅の何処か転がっているに違いない仕丁の丸い顔は、あきれてにこにこ笑っていることだろう。

夕まぐれ 風の底より 雛の笛

にゃんわんプロジェクトへ


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村




Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien