プルースト 再び

今日は、コレージュ=ド=フランス『プルースト 1913年』アントワーヌ=コンパニョン教授の今年度最終講義。朝から雨がち。時には驟雨。「涙雨」かもしれない。それほど、寂しい。
一週間程風邪気味の83歳のM氏は、この日のために数日前から体調を整えて、出席できた。全く専門外なのに、M氏は、よく会話の中にプルーストの登場人物や場面を引用する。一番好きと言ってもいい作品らしい。氏が、初めて日本に来た頃は、仏文学者の間でさえ、プルーストはさほど知られていなかった。私自身、中村真一郎が折りにふれ二十世紀文学の最高峰と推奨していたので、興味はあったものの、実際に読み始めたのは渡仏直前。原文の魅力に触れたのは、渡仏後暫く経っていた。以来、気が向くと手にとる座右の書である。
この三月、一時暖かくなったので、イリエ=コンブレーを訪れた。今回で二度目。前回は、十数年まえだが、それほど変わってはいないだろう。春の兆しも微かな野辺や林、畑を抜け、シャルトル大聖堂を迂回する。薄蒼い空に、細い雲が棚引き、午後も半ば過ぎの静かな陽の光がたゆたっていた。
教会の周辺に小さな家々が寄り添う小さな村に着いた。レオニー小母さんの家をゆっくり見学し、近くの店でマドレーヌを買った。もっとも、草稿では最初、ビスコットだったそうだがーーー。以後、講義でコンブレーと聞くと、緩やかな坂の、狭い石畳道の、人影もまれな黄昏が、髣髴とする。
今日は、最終講義とあって、コンパニョン教授は常にもまして情熱をこめて論理を展開していく。特徴ある高めのバリトンに併せて、細く長い指が、開いたり、上がったり下がったり、横に流れたり、表情豊かに動いている。
原稿の白い紙の端をトントンと揃えて、教授が立ち上がると盛大な拍手が起った。拍手は、教授の後ろ姿が壇上から消えるまで、続いた。
私達は、残念ながら、二時間目のセミナーに出る事はできなかったが、入り口にはすでに空き席を待つ人々の列が出来ていた。
外に出ると、雨はあがり、雲の切れ間に、僅かな青空が覗いていた。

連翹の黄色たそがれ雨上がり

にゃんわんプロジェクトへ


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien