音楽会展覧会雑感

にゃんわんプロジェクトへ

最近、漸く気付いた事だが、新聞雑誌等で大々的に宣伝されている音楽会展覧会が必ずしも評価に値しているわけではないらしい。寧ろ余り喧伝されていない地味な催しの方が、質の高い事がある。
変化の激しいグラン=パレを例にとると,既に何度かこのブログでも取り上げた『フランス千五百年』また『イタリア風景画』等。個展でもピカソやモネほど人気を博さなかった『税関吏ルソー』や『ルドン』なども、いい企画だった。随分昔だが『スルバラン』の会場では、仏蘭西を代表する歴史家ジョルジュ=デュビの静かに佇む姿も見られた。
昨年の『エドワード=ホッパー』は、招待されたので観て来たが、 雑誌の挿絵や映画の広告を思わせる作品群だった。同時開催されていた『ボエーム』のほうが、興味深かった。
この春、パリ=オペラ座、サル=プレイエル、シャトレー劇場の来年度の演目説明会を聴いて来た。オペラ座は、歌劇の作品選択は魅力的だが、どうも舞台監督や演出がーーー。バレーは、現代物や小品が多く、プチパ以来の仏蘭西露西亜両国の優れた伝統が薄れてしまっているようで寂しい。サル=プレイエルは、せっかく新装なったのに、大衆音楽化するそうで、足が遠のくだろう。オペラ座とはまた違った視点でワーグナーの楽劇やリヒャルト=ストラウス、ベリーニ、ドビッシーなどの作品を上演していたシャトレーも近年趣向が変わってしまった。オッフェンバックを初めオペレッタの伝統のある仏蘭西で、何故わざわざコメディーミュージカルなのか。マスネー、ビゼー、ハーン、グノー等仏蘭西の作曲家に限っても、まだまだ知られていない、または、忘れられてしまった名作があるだろうに。
その替わり、美術館や教会での音楽会には、意外な程新しい発見がある。特にクリューニー美術館の中世やルネッサンス音楽会は、充実している。
この秋からは、自分の目と耳で確かめながら、好きになれるものを少しずつ探して行こう。

まわりつつ昇り下りて蝶二匹



東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien