村の発明家L氏と冷房器

ここ一週間以上猛暑が続いている。最初は、気付かなかった。田舎の家の壁は五十センチ以上。菩提樹の大木が、庭に陰を作っていてくれる。昼なお暗い階下は、涼しいくらいだった。しかし、屋根裏に続く二階は、流石に暑くなって来た。
冷房を入れる。大きな箱形、管も太く音も騒々しく、日本製とは比べ物にならない旧式だが、私にとっては、宝物だ。
もう七年以上前のこと、糖尿病を患った黒猫美実が、最後の夏暑さで苦しんでのではないか、という後悔から、翌年、30度以上が続いた八月半ば、冷房機を購入した。ところが、その晩大嵐となり、次も日からすっかり涼しくなった。結局設置もせずに一夏が過ぎてしまった。冬を巴里で越し、又の年、再び家に戻る時期が近づいて来た。
「あの冷房器、どうやって、とりつけたらいいのかしら」
M氏と私は、頭を捻っていた。
日本式のようにモーターが別にある形ではない。太い空気用の管を、外に出さなければならない。厚い壁に穴を開ける訳にはいかない。引き戸であれば、挟む方法があるらしいが、古い木枠の内開き窓。
「ちょっと、思いついた。L氏に相談してみよう。」
夏休みも迫ったある日、M氏が言った。近所で、窓硝子に穴を開けて、管を出している家を見掛けたそうである。「うちのは、遥かに太いけれどーーー」
田舎につくと、あらかじめ連絡してあったL氏が、早速見に来てくれた。暫く窓を睨んで、「外して行っていいかな。うまくできるか、試してみよう。」
数日後、L氏は改良した窓を持って来た。硝子窓の下半分を金属板にして、そこに管の排出口が切ってある。使わない時は、プラスチック板が滑り混むようになっており、押さえは、ネジで簡単に取り外しができる。
「どうかな。」見事に、管も嵌り、大きな音をたてて冷房機が作動し始めた途端,L氏は、破顔一笑。頑丈そうな歯が口髭の下に見え、丸い眼が細くなった。当時は、まだがっちりと小太りだった。色の黒さは、大工仕事や畑仕事の日焼からだった。
「これで、獣(ベット)も、安心だ。」
動物(アニマル)といわず獣と言う中に、なんとも言えない暖かさがあった。
おかげで、天使猫亜子ちゃんも、孫猫真心子も暑さ知らずとなった。
L氏夫妻も大の猫好き。十二年間一緒に暮らした猫が亡くなり、「もう飼わない、哀しすぎるから」と言っていたが、咋春、真心子によく似た黒猫を拾った。
L氏は、その猫と二度目の夏を過ごす事はできなかった。

朝まだきさえずりかわす声声も聞き分けがたく夏たける頃


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村






Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien