或る夕

自動車の座席を綺麗にするために、庭に掃除機を持ち出した。塀際に停めてある車の近くまで、普段芝刈り器に使っている延長電気コードを利用した。長い。10メートル位はある。掃除を終えて、さて、延長コードを片付ける。
去年までは、身体に巻き付かれそうになりながら、両手で大きな輪を作っていた。今年は、糸巻きのような器具を買った。端を止めて把手を回してぐるぐる巻いていく。丁度、ミシンのボビンの要領だ。使い始めのころは、コードが外れたりして、却ってこんがらがってしまったが、慣れて来ると段々調子良く巻けるようになった。
ふと、お父ちゃんは、こういうこと上手だったろうな、と思う。
科学者であった父は、学生達と実験室に居さえすれば、機嫌がよかったらしい。若い頃、指導教官に「お前は、不器用な奴だなあ。」と、あきられらたそうだが、そのかわり丁寧だったのだろう。好きな研究の道に入る事ができた。
そういえば、日常生活総てに丁寧だった。魚の骨を形よく一本も残さず取ることも、包装を解いた紙を畳み紐を巻いておくことも、その紐を使って四つ折りにした古新聞を束ねる事も、使った手ぬぐいを固く絞って端を揃えて掛けておくことも。洗濯物の重さを考えて平衡に干す事、お皿の表面だけでなく高台の中も拭く事等は、何の折りにか、父から教わった。
あの静かな几帳面さは、「お父ちゃんに似ている」と言われた私も、完全には受け継いでいない。
それでも、一頃に比べ早く日が翳り始めた夕刻、菩提樹の下で、橙色のコードが、一応均等に巻きあがると、何だか父がにこにこと見ていてくれるような気がした。
父が逝ってから、十年が経たつ。

風そよぐリンデンバウム壮年の父も異国を歩みしものを


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村


Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien