ジャン=ポールローランス

『従兄弟ゴートレ』の御陰で、これまで名前を聞いた事もなかった画家達にも、興味を抱くようになった。
何時の頃からか、二階の一隅に古い額縁や肖像写真、誰の作品ともわからぬ油絵等とともに、数枚の版画が置いてある。おそらく『従兄弟ゴートレ』から譲られたものであろう。「あれは、好きです。」と、M氏が言ったのは、『教皇と大審問官』ジャン=ポール=ローランス、シャルル=ジロー版画、と別紙が添えてある一枚。落款は押してあるが、額には入っていない。残念ながら、輪型の染みもある。
広い石造りの宮殿風の室内。 がらんとした空間の画面中央を占める二人。教皇は、高い背もたれの椅子に腰かけて、少し身を乗り出すようにしてはいるが、横顔のためだろうか、どこか不透明で複雑さを隠した表情を伺わせる。彼が傾聴しているらしい大審問官が、骨張った長い猛禽類の爪を思わせる指先で示しているのは、異端として処刑されるべき人々であろうか。『カラマーゾフの兄弟』の挿話をおもいださせる頭巾に半ば覆われたその細長い強い意志を表す無機質な顔も、猛禽に似ている。こけた頬、尖った鼻、薄い口元。総てが陰険で酷薄な本性を表している。その緻密、正確無比な描写が醸し出す静寂そのものの画面から、凍りつくような冷気が、吹き付けて来るようだ。さらに見つめていると、蓚酸を極める宗教裁判が、その焚火の煙が、処刑者の叫び声が、背後に感じられる。
色彩に頼る事のできない黒白の版画でありながら、これほどの凝縮した緊迫感を伝えられるのは、原画の卓越した形体を捉える力と構成のためだろう。
あまり期待しないでネットで調べてみる。
自画像の写真入りで数頁に渡って出て来た。代表作の色刷り図版まで付いている。
無名の画家にしては、と思ったのは、全く私の無知のなすところで、実は、官学派の代表人物であった。恥ずかしい。
1838年生誕1921年没とあるから、19世紀後半から20世紀初めにかけて活躍した、まさに『従兄弟ゴートレ』の時代。歴史画を得意としたと、ある。『教皇と大審問官』は、別名『シクスティス四世とトルケマダ』とある。反聖職者主義を標榜した画家らしい。『カトーの死』『ロベール敬虔王の破門』『ティベールの死』等々。殊に劇的な場面を精密に静謐に描いているからこそ、一層悲劇性がたかまってくる。
ふと森鴎外の歴史小説『阿部一族』『堺事件』『最後の一句』などを思い出した。

一日を降らず降りずみ曇り空夢見るごとく暮るる秋の日


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村




Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien