「小さな動物」

彼岸も過ぎ、日の暮れが早くなった。二階で、孫猫真心子を側に机に向かっていても、いつの間にか外は暗くなっている。そろそろ戸締まりをしなければ、と思いつつ再び本に眼を戻してしまった。
携帯電話が鳴った.階下のM氏である。丁度興が乗って来ていたところなので、ちょっと不機嫌な声になる。多分、催促だろう。
「小さな動物が来ていました。針鼠です。」
「すぐ降ります」
途端に、上機嫌となる。
いつごろからか、朝になると、庭の隅に置いてあるゴミ袋の下の方が破れて、中身が散乱しているようになった。
「夜行性ですね。」
「塀で囲ってあるから、犬はありえないし」
「猫でしょうか。」
「しかし、今年は殆ど猫を庭にみかけませんでしたよ。」
「狐というのもーーー」
「もぐら。」
「八十四年生きていますが、もぐらを見た事はありません。」と、M氏。
「針ねずみかもしれませんよ。」
「ウーディみたいにーーー。」
もう十数年まえ、真昼間に道端でぼんやりしている針鼠を拾った。暫く庭に置いておいて、菜園の害虫除けになるから欲しいという知人にあげた。「ウーディー」と名付けた小さな瞳の、全く慣れないのに可愛い動物の事は、以前書いた事がある。
階段の下でM氏が待っていた。台所の鎧戸を閉めようとして外を見たら、二段ある石段の側にいたという。
勿論、もういなかった。ゴミ袋を置いてある貝塚伊吹の陰にでも入ってしまったのだろうか?
「私達が巴里に帰っても、食べ物が見つかるといいのですがーーー。」
月明かりもほとんどない薄暗い庭を私達は暫く眺めていた。落葉の積もったこの庭のどこかに、悪戯好きで疑い深そうな小さな丸い眼の不思議な動物が生きている、それを思うだけでも、心が温まった。

時雨めく音に目覚める猫の伸び


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien