プリムラ

立春の後も、相変らず氷雨の続く毎日。薄暗い空、湿っぽい風に、ややもすると気持ちも沈みがちになってしまう。
せめてレースのカーテンを真っ白にしたら、少ない陽射しも明るく感じられるかと、また降り出した小雨の中、洗濯屋にいった。
その途上の道端に雑多な品が、無造作に積んであった。机や椅子、バケツに混じって緑のプラスチック製の容器には、花盛りのプリムラが四株程.濃いピンク、赤、黄色、紅に象牙色の斑入り。 陰鬱な午後の住宅街、そこだけ、鮮やかな色に華やいでいる。蕾も、たくさん付けている。
引っ越しだろうか、それとも不要品整理だろうか。
思わず立ち止まって眺めていたところ、人夫らしい人が、板きれを抱えて建物から出て来た。花を指差すと、何もいわないうちに「持っていけ。持っていけ。」
随分前になる。郊外の友人宅で御茶をするというので、手伝いに行った。主な客は、彼女の先輩にあたる初老の女性。若い時からの付き合いの二人には、その数年前、五十を過ぎてまもなく自殺した共通の友人がいた。日本女性だった。女主には、姉のような、客には同じ屋根で暮らした妹のような親友だった。
悲劇に終った友情を偲んでか、亡き人の祥月命日のある早春の午後を一緒にすごすことになっていた。巴里からかなり離れた村に住む客は、やってくるなり、プリムラの花束をさしだした。にこにこ笑っている。
「森の中で見つけたの。これが咲くと春の訪れね」
男勝りにも見える彼女の丸い手に握られた花束。何色だったかも覚えていないが、花屋でみかける花に劣らず、美しく愛らしかったように覚えている。
ちょうど、今頃だったはずだ。今年も、森陰に野生のプリムラがさいているのだろうか。
貰って来たプリムラは、勿論園芸種。浴室の窓際に置いた。
夜になって、また突風が吹きあれ、雨音も聞こえて来た。しかし、家の中に、明るい色の花があるというだけで、何やら朗らかな気持ちになる。
花を飾ればすぐに横に並んで澄ましていた天使猫亜子ちゃんと違い、孫猫真心子は全く関心ないらしい。

森陰に春の陽射しを待つ小鳥野辺の兎も眠れる栗鼠も


東北地震犬猫レスキュー.comborder="0">


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村



Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien