再び巴里へ

 田舎での三ヶ月の夏休みを終え,今月から再び巴里暮らし。
孫猫真心子ちゃん、白猫フェビウス、三羽の山鳩も揃って戻って来た。勿論天使猫亜子ちゃんも一緒。
二匹の猫達は、もう若くないし、山鳩の最年長トルトールも十歳を越えている。
異例に暑かった夏を無事に越える事ができて、よかった。「来年もーーー」の想いは、年々強くなる。
 さて、真心子ちゃんは、かなり成長した。体ではない、おツムの方が。
膝の上に丸くなって眠ることができるようになった。
横になっていると胸の上に乗って、顔を舐めてくれるようになった。
寝そべって(失礼),本を読んでいる時は、背中に乗ってくれるようになった。
最初のころのように、仰向けになって手足を伸ばした寝方だけではなくなった。
最後に一つ覚えて欲しいのは、「猫の唯一のお仕事」。寒い夜には、布団の中に入ってくれること。
今はまだ頭のすぐ傍に丸くなって、頰にくっついて眠っている。
その寝息と小さな鼾に、ふと眼をさましたりする秋の夜である。

マロニエの葉の枯れ縮み空青し
Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien