石畳の坂道

重い雲の垂れ込めた午後、突然思いついて、オペラ座の裏手、聖三位一体教会からモン=マルトルへ向かう界隈を歩いた。
渡仏直後、僅かの間であったが、ギュスターヴ=モロー美術館のある坂道に住んでいた。確か、六階の最上階。階下の家主は、芸術家夫婦で、聖シュルピース寺院の塔の中に仕事場を持っていた。中庭を隔てた向いの老婦人は、白い長毛猫と暮らしていた。私も日本から連れて来た二匹の三毛猫と一緒であった。聖心寺院の近くまで散歩に行き、くれなずむ巴里を一望して帰ってくると、いつも猫達が出迎えてくれた。
当時、よく立ち寄った小さな美術館は、近年『浪漫主義生活美術館』と、名を変えた。特別展示室等、やや拡張されたけれど、相変わらず閑静で人少な。もっとも、天気と時間のせいもあるのだろう。
『露西亜浪漫主義展』。プーシキンやゴーゴリの作品世界を彷彿させる油絵も水彩画も落着いて穏やかな作風。常設展示のショパンやジョルジュ=サンド関係の遺品もひっそりと息を潜めているかのよう。
観るというのではない。漫然と眺めて、やや奥まった美術館から表通りに出ると、既に黄昏。暗く狭い石畳の坂道が入り組んで続いている。車も少ない。人影も稀である。
初めての一人暮らし、外国生活。緊張し切って、この辺りを毎日歩いていた頃、まだこの世に存在していなかった命。
二匹の猫達と、更にもう一匹の仔猫の昇天の後、巡り会えた。十七年と四ヶ月間。
歳月が経ってしまった事を納得する為に、この界隈に脚を向けたのだろうか?
亜子ちゃんと居る時だけは、純粋に幸せだった。
亜子ちゃんにとっても、そうであってくれますようにーーー。
あれほどよく利用した筈の地下鉄の駅への道もおぼつかない。立ち話をしている職人風の二人に聞いて、坂を降りきった。

ひたぶるにあきらめのなき心もて夕闇に聞く秋雨の音






Profil

桐の葉も

Author:桐の葉も
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers articles
Archives mensuelles
Catégories
Recherche
Lien